前橋商の192センチ右腕に幹部クラスのスカウトが集結 投げる姿は高校時代の佐々木朗希を彷彿

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 入れ代わり立ち代わりやってくるスカウトと挨拶を交わしながら、前橋商の住吉信篤監督は「井上(温大/2019年・巨人ドラフト4位)の時も、こんなには来なかったですよ」と苦笑した。

 4月14日、埼玉県加須市の花咲徳栄グラウンドで、花咲徳栄と前橋商の練習試合が組まれていた。バックネット裏には9球団のスカウトが勢ぞろいしていたが、特筆すべきはエリア担当者だけでなくスカウト幹部クラスが同行する球団ばかりだったことだ。

 この日は日曜日で、他球場でもアマチュア野球の公式戦が多く開催されていた。それだけに、この練習試合がいかにスカウトの注目を集めていたかが伝わってきた。

プロ注目の大型右腕、前橋商の清水大暉 photo by Kikuchi Takahiroプロ注目の大型右腕、前橋商の清水大暉 photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【高校時代の佐々木朗希を彷彿】

 花咲徳栄には石塚裕惺(ゆうせい)、前橋商には清水大暉(だいき)というドラフト候補がいる。石塚はその時点で高校通算21本塁打を放つ右投右打の遊撃手で、今やドラフト上位候補と言っていい存在だ。だが、石塚は左ヒザに軽傷を負っていたため、この日は大事をとって欠場している。

 ただし、スカウトの興味はすでに能力の高さが知れ渡っている石塚以上に、無限の可能性を秘めた清水にあったのではないか。

 身長192センチ、体重92キロの大きな体は、グラウンドのどこにいても目を引く。頭が小さく、手足が長いシルエットだけを見ると、高校時代の佐々木朗希(ロッテ)を彷彿とさせる。昨夏時点で最速148キロをマークしており、リリーフとして夏の甲子園を経験している。

 三塁側ブルペンで清水が投球練習を始めると、スカウトたちは大挙してブルペンへと移動。清水の投球にじっと見入っていた。並の高校生なら舞い上がってしまいそうなシチュエーションだが、清水はどこ吹く風だった。

「全然意識しません。最初はスカウトの方が来られると意識した時期もあったんですが、今はスカウトが来る時こそ『力を抜いて投げよう』と考えています。かえってそのほうが、いい球がいくので」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る