大阪桐蔭時代は控えの外野手 国士舘大・山下来球はドラフト候補右腕が「天才っすね」と一目置く超逸材

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 東都大学2部リーグに、2025年のドラフト会議に向けて名前を覚えておいたほうがいい外野手がいる。

 国士舘大の山下来球(ききゅう)。身長174センチ、体重77キロと体格的には目立たないものの、大学入学直後の1年春からレギュラーを張る左投左打の外野手だ。対応力抜群の打撃が最大の魅力で、2年生だった昨秋はリーグ3位の打率.353をマークしている。中堅からの強肩も一見の価値があり、総合力は高い。このまま順調にステップを踏めば、来年はドラフト候補に挙がってくるはずだ。

2025年のドラフト候補、国士舘大の山下来球 photo by Kikuchi Takahiro2025年のドラフト候補、国士舘大の山下来球 photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【大阪桐蔭では控えの外野手】

 山下は自身の目指す選手像を、このように語っている。

「西川龍馬選手(オリックス)や近藤健介選手(ソフトバンク)みたいに、打率を残しつつ長打も打てるようなバッターになりたいですね」

 山下を見るたびに、思うことがある。「これほどの選手が高校時代は控えだったのか......」と。山下は泣く子も黙る名門・大阪桐蔭の出身である。

 3年前の大阪桐蔭外野陣を振り返ってみよう。レフトは高校球界屈指の快足を武器にする野間翔一郎(現・近畿大)、センターは高卒でプロ入りする強肩強打の池田陵真(現・オリックス)、ライトはポテンシャルにかけては世代屈指の花田旭(現・東洋大)。山下本人も「周りがエグすぎたんで......」と苦笑してしまう布陣だった。

「なんとか食らいついていましたけど、完全に埋もれていました。高校時代はワンバウンドでしっかりコントロールする......みたいなスローイングでしたけど、大学でトレーニングの成果が出て、肩が強くなりましたね」

 ただし、「大阪桐蔭に行かなければよかった」という思いはない。山下は「それがあったから今があるんで」と胸を張る。日本一ハイレベルな競争を戦った経験が、大学野球の世界で存分に生かされている。

 今春のリーグ戦で、山下はさらにレベルアップした姿を見せている。

 5月8日、等々力球場での東洋大1回戦。対戦相手は今年の有力なドラフト候補に挙がる岩崎峻典(しゅんすけ)。履正社高では2年夏の甲子園で優勝投手に輝き、3年時は内星龍(楽天)、田上奏大(ソフトバンク)らを抑えてエースを張ったエリート右腕だ。大学では最速153キロとスピードアップし、スライダー、カットボールなどの変化球も精度が高い。プロ入りしても、戦力として計算が立ちやすいタイプだろう。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る