大阪桐蔭・前田悠伍と双璧をなす享栄・東松快征 重量挙げ元日本チャンピオンの父から譲り受けたパワーで最速152キロをマーク

  • 大友良行●文・写真 text & photo by Ohtomo Yoshiyuki

「自分はしなやかさよりもドーンといくタイプ。ピッチングも真っすぐが基本です。そこにカーブ、スライダー、フォーク、ツーシームと、カットボール気味の高速スライダーがあります。とくに高速スライダーとフォークは、もっとコントロールをつけたいです。夏に向けて勝てる投手になりたいです。ドラフトまではとにかくケガをしないように、しっかり体づくりをしていきたいです。夢は甲子園で日本一になって、U18のエースになって日本を世界一にする。夏までに157キロを投げて、ドラフト1位で競合指名」

 夢の実現に向けて、東松は懸命に格闘している。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る