2022.04.14

魔球を操った「甲子園優勝投手」日大三・吉永健太朗の今。みどりの窓口に勤務、声をかけられたのは「この2年でひとりだけでした」

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo yoshiyuki

2011年夏の甲子園優勝投手・吉永健太朗インタビュー前編

現役引退し、みどりの窓口に勤務

ーー今、幸せな時間を過ごせていますか?

 そう尋ねると、かつての甲子園のヒーローは柔らかい表情を浮かべて言った。

「はい、幸せです。仕事にやりがいを感じていますし、また野球をやっていた時は、常にコンディションを保たなければいけなかったので、休みが休みではないような感覚で日々を過ごしていました。今は、ちょうど2歳になる子ども(男子)がいるんですけど、休日はしっかりと休んで家族との時間を過ごすことに、幸福感を感じています」

現在はJR東日本の駅員として働く吉永健太朗さん(写真=JR東日本提供) ※撮影時のみマスクを外しています現在はJR東日本の駅員として働く吉永健太朗さん(写真=JR東日本提供) ※撮影時のみマスクを外しています この記事に関連する写真を見る  2011年の夏、日大三高のエースとして甲子園を制した吉永健太朗さん。「魔球」と呼ばれたシンカーを武器に勝ち上がっていったその姿は、甲子園の歴史のなかでも忘れられないビッグインパクトだった。

 吉永さんは2019年末に現役を引退。現在は、所属していたJR東日本の社員として、東京都内のターミナル駅で勤務している。

「みどりの窓口での業務を主に担当していて、お客さまへの切符や定期券を発行・払い戻しの対応などをしています。お客さまと直接ふれあえる職場ですし、感謝の気持ちを伝えていただいたりすると、本当にやりがいを感じますね。あと社内業務を始めて2年目ではあるものの、社歴は6年になるので後進の育成もし始めたところです」

 接客業務がメインとなるが、選手時代に培ったことはなにか役に立っているのだろうか。

「勤務体系が早朝や深夜に及ぶことが多いので、まずは野球で鍛えた体力的な面はプラスに働いていると思います。あと野球はコミュニケーション能力が非常に重要になってくるスポーツなので、そこは接客業務に通ずるところはありますね」

 よどみなく整然と語る吉永さんはさわやかで、まるで絵に描いたようなJRマンである。今でも野球を観たりするのだろうか。

「子どもが小さいこともあり、テレビを観たり、情報をキャッチすることは十分にはできてはいないのですが、それでも現役でやっている仲間や同期の活躍はすごく楽しみにしています」