2022.04.04

花巻東・佐々木麟太郎ら注目の2年生スラッガー3人。スカウトはどう評価したか?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 バットに当たらずともインパクトを与える、これが大物の証だ。今回、佐々木麟太郎(花巻東)、真鍋慧(広陵)、佐倉侠史朗(九州国際大付)の3人の2年生スラッガーで、スカウトから最も高い評価を得たのが、唯一、ノーヒットに終わった佐々木だった。

市和歌山のエース・米田天翼に無安打に抑えられた花巻東・佐々木麟太郎市和歌山のエース・米田天翼に無安打に抑えられた花巻東・佐々木麟太郎 この記事に関連する写真を見る

佐々木麟太郎のスイングは別格

「スイングスピード、スイングの力強さは超高校級。魅力を感じますね。打席ごとに楽しみな選手なんて久しぶりですよ。今回の結果は残念でしたけど、試合後のコメントを見ても相当悔しかったことが伝わってきますし、この経験を生かしてほしいですね。あのサイズ(183センチ、117キロ)だし、順調にいったらどこまで伸びるんだろうという感じ。今後が楽しみでなりません」(パ・リーグスカウトA氏)

「初めて見ましたけど、スイングの強さはえげつないというか、別格。びっくりしました。あれだけ振っても下半身が動かない。動きが多いフォームですけど、タイミングはしっかりとれている。あれだけ強く振れれば、多少こすってもホームランになっちゃうでしょう。本塁打を量産するもの納得です」(セ・リーグスカウトB氏)

「空振りしようが、フルスイングできるのが最大の魅力。あれで当たったらすごいことになりますよ。とにかく持っているものはすごい。これまで、今回センバツで対戦した米田(天翼/市和歌山)くんレベルの投手と対戦したことがないんじゃないかな。おそらく野球人生で一番速いピッチャーだったと思います。あれくらいのピッチャーに対応できるようになるかどうかは経験です」(パ・リーグスカウトC氏)

 賛辞が並ぶ一方で、もちろん課題を指摘するスカウトもいた。

「バットが下から遠回りして出てくるので、あのスイングだと高めの真っすぐは厳しい。ピッチャーのレベルが落ちれば関係なく打つでしょうが、上のレベルでやるには改善が必要でしょうね」(セ・リーグスカウトD氏)

 甲子園レベルの140キロを超すストレートや内角球、高めの球にどう対応するのか。今回のセンバツでの試合を見て、同様の攻め方をするチームはあるだろう。それに対し、佐々木がどんな対応力を見せるのか注目したい。