2021.08.10

将来有望なスラッガーがズラリ集結。夏の甲子園、注目の野手10人

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki,Koike Yoshihiro,Kikuchi Takahiro

 8月10日に開幕する第103回全国高校野球選手権大会。プロスカウトも注目する有望選手を投手編・打者編の2回に分けて紹介する。打者編では、外野手を中心に将来性の高い好素材がズラリと並んだ。

夏の甲子園注目の投手はこちら>>

強肩強打の大型捕手、県岐阜商の高木翔斗強肩強打の大型捕手、県岐阜商の高木翔斗 この記事に関連する写真を見る 高木翔斗(県岐阜商/捕手/186センチ・88キロ/右投右打)

攻守に陽のムードを発散し、チームに流れを呼び込む好捕手。今夏の岐阜大会では3本塁打を放ち、身長186センチ、体重90キロの恵まれた体の力をプレーに反映できる点も魅力。今春のセンバツでは、対戦した市和歌山の巨漢捕手・松川虎生ほど攻守の支配力を示せなかっただけに、夏の大舞台でアピールしたいところ。県岐阜商は大会3日目に明徳義塾(高知)と対戦する。