2021.05.07

無名左腕が成り上がりでドラフト候補に。スカウトたちは最速149キロ左腕の成長を絶賛

  • 高木遊●文・写真 text & photo by Takagi Yu

 いまだ続くコロナ禍による混乱に負けじと、成り上がりを目指すドラフト候補がいる。新潟医療福祉大の左腕・桐敷拓馬だ。

 4月3日に群馬・桐生球場で行なわれた関甲新学生野球春季リーグ開幕戦。スタンドに集まったNPB11球団スカウトの一番のお目当てが桐敷だった。

最速149キロを誇る新潟医療福祉大の左腕・桐敷拓馬最速149キロを誇る新潟医療福祉大の左腕・桐敷拓馬  高校時代は無名でも、叩き上げで実力をつけた好選手が多い関甲新学生野球は、地方大学リーグでも屈指のレベルを誇る。

 安達了一(オリックス)や井納翔一(巨人)らを輩出した上武大、岡島豪郎(楽天)や大山悠輔(阪神)らがOBの白鴎大がリーグを牽引する存在だが、2013年創部の新潟医療福祉大も笠原祥太郎(中日)、漆原大晟(オリックス)といったふたりの好投手をNPBに送り込んだ。

 このふたりに負けずとも劣らない可能性を秘めているのが桐敷だ。埼玉・本庄東高校時代は3年夏にエースとしてチームを県大会16強まで導いた。

 なかでも4回戦の市立川口高校戦は延長12回203球をひとりで投げ抜き19奪三振の快投。延長11回には、ピッチャーゴロで試合終了かと思いきや、捕球した際にボールがグラブに挟まって取れなくなり、グラブごと一塁に投げるもセーフで同点に追いつかれるというハプニング(5月6日時点、この動画はYouTubeで953万回も再生されている)もあったが、最後まで自分を見失うことはなかった。

 当時から桐敷を気にかけるスカウトは何人かいたが、大学で着実に成長を遂げ、いまや誰もが注目する堂々の"ドラフト候補"となった。

 開幕戦ではキャッチャーミットに吸い込まれるように快速球が決まり、変化球の切れ味は抜群。走者を出しても落ち着いており、山梨学院大を相手に7回4安打無失点、11奪三振の好投でチームの勝利に大きく貢献した。

 ネット裏のスカウトたちも桐敷の成長ぶりに唸る。

「コントロールがよく、どのボールも低めに集まります。自信を持って投げています」(中日・正津英志スカウト)

「体も大きく成長しているし、走者が出ても落ち着いて投げています。これからも追いかけていきたいです」(DeNA・稲嶺茂夫スカウト)

「球が強いですし、腕の振りがいいですね。左右どちらの打者にもツーシームが使えて、インコースもしっかり突ける」(楽天・沖原佳典スカウト)