2021.04.29

名門のエースがドラ1候補・小園健太に対抗心「自分に何が足りないのか考えた」

  • 沢井史●文・写真 text & photo by Sawai Fumi

 またこの試合も......。智弁和歌山のエース・中西聖輝(まさき)の頭の中には、その言葉がよぎっていた。

 4月上旬、石川県小松市で開催された招待試合。星稜との試合で先発のマウンドに上がった中西は初回、先頭の黒川怜遠(れおん)に安打を許すと、二死後、味方のエラーでピンチを広げると、5番の小林青空に三塁打を許し2点を先制された。

「僕は立ち上がりに失点してしまうことが多いんです。今日も初回に力んで、点を取られてしまって......。そこが一番の反省点です」

打倒・小園健太に闘志を燃やす智弁和歌山の中西聖輝打倒・小園健太に闘志を燃やす智弁和歌山の中西聖輝  あの試合もそうだった。昨年秋の近畿大会準々決勝の市和歌山戦だ。同県のライバルであり、今春に開催されたセンバツ選考にも大きく影響した大一番。さらに、市和歌山のエースはプロ注目の小園健太。そんな大事な一戦で、中西は初回に2つの押し出しでいきなり2点を失った。結局、この2点が重くのしかかり、智弁和歌山は0対2で敗れ、センバツ出場が絶望的となった。

「甲子園がかかった負けられない試合で、気持ちの面で弱さが出てしまった。小園くんも緊張していたようですが、いざ試合に入ると自分とは全然違う内容でした。自分が野手頼みになっていたというか、『打ってくれ』と思いすぎていた分、自分のピッチングに隙ができてしまった。それが制球難につながったのだと思います」

 中西は1年春からベンチ入りし、最速144キロのストレートを誇る県内屈指の本格派右腕である。中谷仁監督からの期待も高く、下級生の時から数多くの登板機会を重ねてきた。

 星稜戦のあと、中西に自身のピッチングスタイルについて尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「自分は球数を重ねて感覚をつかみ、徐々によくなっていくのが特徴だと思っています。今日も立ち上がりはボールが上ずることがありましたが、中盤以降はいろんな球種を試しながら、まずまずのピッチングができたと思っています」

 星稜戦は初回こそ失点したが、2回以降に許したヒットは1本のみ。キレのあるストレートでコースを突き、チェンジアップも織り交ぜて凡打の山を築いた。課題だった四球も9イニングでわずか2つ。7回には得意のフォークを武器に3者連続三振を奪うなど、星稜打線をまったく寄せつけなかった。