2021.03.23

プロ注目右腕・福島蓮がセンバツで屈辱のKO負けも「大化けする可能性」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

── 今日、納得のいくストレートは何球くらい投げられましたか?

 そう尋ねると、福島蓮は首を傾げて「ほとんどなかったです」と答えた。続けて「1球もなかった?」と念押しすると、福島は「はい、ないと言っていいと思います」とうなずいた。

 苦々しい甲子園デビューになってしまった。

 八戸西のエース右腕・福島は東北屈指の大型右腕として、大会前から注目投手のひとりに数えられていた。

5回5失点KOとほろ苦い甲子園デビューとなった八戸西・福島蓮 身長189センチ、体重72キロの長身痩躯はまだ発育段階にある。身長が伸び続けており、故障予防のため強い負荷のトレーニングはまだできていない。それでも角度を生かしたフォームから最速143キロの快速球を投げる福島は、多くのプロスカウトから注目されていた。

 だが、21世紀枠同士の対戦となった具志川商との初戦。先発した福島は5回でマウンドを降りた。被安打6、奪三振5、与四球2、失点5(自責3)。チームも3対8で敗れた。守備の乱れもあったが、それ以上に高めに抜けるボールの多さが福島の乱調ぶりを物語っていた。

 最高球速は139キロ。「東北担当スカウトから報告を受けていた」と視察に訪れた、広島の苑田聡彦スカウト統括部長は福島をこのように評価した。

「キャッチボールを見た時に、体の柔らかさや腕のしなりがあって『面白いな』と思ったんです。でも、マウンドに上がって見てみると、まだ体に力がないと感じました。フォームのバランスは悪くないたけに、これからの素材でしょうね」

 別の球団スカウトは「時間はかかりそうですけど、長い目で見てくれる球団に入れれば大化けする可能性はある」と語った。