2020.08.26

プロ注目の高校野球「2世選手」たち。
偉大な父に匹敵する能力に期待

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

◆交流試合に出場した強打者12人のスカウト評>>

 毎年、夏になるとメディアによってクローズアップされるのが、高校野球界の「2世選手」の存在だ。この世に生を受けた以上、誰もが誰かの2世である。とりたてて騒ぎ立てる必要はなく、当人にとってみれば困惑の種になっていることだろう。

 だが、「あの選手の子ども」と聞くだけで不思議な愛着が湧くのも人情というものだ。縁戚や知人の高校球児を自然に応援してしまうのと近い感覚で、つい注目してしまう。

 今夏は、2世選手のなかにも有力なドラフト候補が存在した。

 高校球界屈指の強豪である履正社の4番・捕手を務めた関本勇輔は、阪神で活躍した関本賢太郎を父に持つ。現役時代はバットを短く持ち、対応力に優れた打者だった父に対し、勇輔は今のところ体の強さを生かした強打者である。

元阪神の関本賢太郎を父に持つ、履正社の関本勇輔 2020年甲子園交流試合の星稜戦では、3イニング連続で盗塁を刺すという離れ業でスローイングの正確性を見せつけた。すでにプロ志望届を提出しており、高校トップクラスの捕手がどんな進路を歩むのか楽しみが募る。

 高校球界きってのアベレージヒッターである度会隆輝(横浜高)は、ヤクルトのバイプレーヤーとしてファンから愛された度会博文を父に持つ。

 父は、無名だった中央学院大4年時にドラフト3位指名された「隠し玉」だったが、隆輝は幼少期からエリート街道をひた走っている。小学6年時はNPB12球団ジュニアトーナメントのヤクルトジュニアに選出。中学時代は佐倉シニアでジャイアンツカップ優勝、侍ジャパンU-15代表選出。高校では1年時から甲子園でヒットを放った。左打席から右へ左へと柔らかく弾き返す打撃に力強さも加わりつつあり、プロ志望届を提出する見込みだ。