2020.07.19

「未完の大器」がひしめく新潟。
帝京から転校の本格派右腕も全力全開

  • 安部昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Sankei Visual

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
新潟編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会が行なわれる。新潟も7月18日に「新潟県高校夏季野球大会」が開幕。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介したい。

「センバツ交流戦」で見逃せない5人の逸材の記事はこちら>>

昨年夏の甲子園に出場した日本文理ナイン 昨年夏の代表校・日本文理は、リードオフマンの快足二塁手・桑原大紀、シュアなバッティングで二塁打、三塁打を量産する長谷川優也、甲子園でも4番に座った長打力が魅力の中田龍希といった旧チームからのレギュラーが上位に座り、打線の破壊力は県下随一だ。

 投手陣も、昨年の甲子園で140キロをマークした長谷川を筆頭に、181センチの種橋諒、177センチの渡辺強の速球派右腕も控えており、人材に事欠かない。

 投打の総合力なら、中越も負けていない。

 183センチ81キロの大型右腕・佐藤旦有夢(あゆむ)は、将来性なら県内でも屈指の存在だ。投げるのみならず、すべてにおいて高い運動能力を発揮。ストレートは140キロに満たなくても、強烈な腕の振りから放たれるボールは威力十分で、変化球のキレもよく、芯でとらえるのが困難だ。昨年秋の県大会はわずかなイニングしか登板しなかったが、素材のよさに変わりはない。

 その佐藤に代わって奮投したのが、2年生右腕の加藤秀成(しゅうせい)。130キロ台のストレートをガンガン投げ込む勝負度胸が最大の武器で、140キロ超えは時間の問題だろう。

 近年、メキメキと力をつけている加茂暁星も好素材の選手が揃う。

 175センチの右腕・藤井聖也はスライダーでバットの芯を外し、172センチの左腕・砂川功樹はカーブ、チェンジアップを巧みに操り打者のタイミングを外す。

 砂川はセンス光るバットコントロールで安打を量産するリードオフマンとしての顔も持ち、右打ちのハードパンチャー・荒木友斗、勝負強さが持ち味の左打者・佐藤健とともに打線を牽引する。