2020.07.12

鍛治舎監督の県岐阜商にタレント集結。
中京・元謙太は「未来の鈴木誠也」の器

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
岐阜編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。岐阜でも「岐阜県高等学校野球大会」を開催し、8月2日に決勝が行なわれる予定だ。大会での活躍が期待される注目の選手たちを紹介したい。

 岐阜県内のある監督が、今年の"岐阜の高校野球"について、こんな話をしてくれた。

「とにかく県岐(阜商)が強い。高橋純平(現・ソフトバンク)がいた5年前も強かったけど、今年のチームは打者も揃っている。ただ、ああいう大型チームってスキがあるんですよ。強引な野球をしてくれたら......。逆に言うと、それぐらい県岐のレベルは抜けています」

 今年の県岐阜商には、他校なら間違いなくエースの選手が3、4人いて、打線も1番から9番までクリーンアップ並みの強打者が揃う......やはり、戦力では他校を圧倒していると言ってもいい。

 森大河、西内勇人、松野匠馬(たくま)の右腕3人に、左腕の野崎慎裕(のりひろ)。なかでも、昨年秋から急成長した森は、140キロを超すストレートとスライダーを武器に、競合相手との練習試合で腕を磨いた。1年時から実戦経験を積む野崎は、スライダーとチェンジアップが秀逸。手元でビュッとくるストレートとマウンド度胸も一級品だ。

 打線をけん引するのは、1年からチームの中軸に座る佐々木泰(たい)。昨年は星稜の奥川恭伸(現・ヤクルト)や創志学園の西純矢(現・阪神)といった投手たちを打ち崩し、高校生にありがちな大きなスランプや故障もなく、コンスタントに打ち続けるまさに超高級打者だ。

 リードオフマンをつとめる多和田尚旗(なおき)は、内外野をこなすマルチプレーヤー。昨年秋の大会で急激に力をつけ、持ち前の機動力にパンチ力が備わり"恐怖の1番打者"となった。 また2年生ながら素質抜群の大型捕手・高木翔斗も今が伸び盛りの選手だ。