2020.07.09

鳥取に190センチの規格外遊撃手。
投手もこなし高卒プロ入りを狙う

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

スポルティーバ厳選! 
高校野球 47都道府県の注目選手
鳥取編

 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開催する。鳥取では、7月11日から「2020年夏季鳥取県高等学校野球大会」が開幕する予定だ。トーナメント制で県の頂点を争う真剣勝負の同大会で活躍が期待される選手たちを紹介する。

昨年夏の甲子園でも3安打を放った米子東の岡本大翔 米子東の190センチの大型遊撃手・岡本大翔(ひろと)は、投手、野手を含めた大会全選手のなかで最注目の存在と言ってもいいだろう。

 昨夏の甲子園初戦で智辯和歌山の池田陽佑(現・立教大)から3安打をマークするなど定評のあった打撃だけでなく、今大会は守備にも要注目。オフに捕球時の姿勢、送球に移るステップの踏み方などの基礎的な部分から徹底的に鍛え直し、イージーミスが目に見えて減ってきている。

 投手としても最速140キロを超える強肩を生かしたスローイングは、安定感も備わってきた。公式戦でのアピールは夏のみに絞られたが、「高卒プロ入り」の目標を貫く。夢を叶えるためにも集大成の夏に成長した姿を披露したい。

 岡本の対抗馬としては、鳥取城北の河西威飛(いぶき)と、倉吉東の金居大太郎(かない・おおたろう)の2人の名前が挙がる。

 河西は、無類の勝負強さを誇る右の好打者。プレッシャーを感じる場面でも初球から果敢にスイングしていける度胸と積極性は目を見張るものがある。タイプとしては中距離ヒッターだが、昨秋の中国大会準決勝で創志学園(岡山)のドラフト候補右腕・三方陽登(みかた・はると)から本塁打を放つなど、ツボに来ればスタンドに叩き込むパワーもある。