2020.04.29

「サニブラウンに勝った男」より俊足。
並木秀尊は獨協大初のプロ野球選手となるか

  • 大友良行●文 text by Ohtomo Yoshiyuki
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

「教職を取るだけのつもりだったのに......」

 獨協大4年の外野手・並木秀尊(なみき・ひでたか)は、父が中学校の教師だったこともあり、同じ道を歩むつもりで大学へ進学した。そして好きな野球を楽しむつもりで野球部へ入部。とくに上を目指そうとかプロを目指そうとか、そういった気持ちは一切なかった。

昨年末に行なわれた大学日本代表候補の合宿で注目を集めた獨協大・並木秀尊 ところが昨年12月、愛媛県松山市で行なわれた侍ジャパン大学日本代表候補選手選考合宿に参加して、一躍注目される存在となった。

 全国から46人の精鋭が集まるなか、その"快足"が周囲の度肝を抜いたのだ。参加した選手のなかには、中学時代にあのサニブラウン・ハキームに100メートル走と200メートル走で勝ったことがある中央大の五十幡亮汰(いそばた・りょうた/4年)もいた。

 並木は50メートル走のタイム計測で、5.42秒だった五十幡を上回る5.32秒を記録した。

「同じようなタイプと言われていたので、負けないようにと思いました。周りから速いと言われていましたが、実際のところ自分でどれだけ速いのかわかっていなかったので、この結果は自信になりました。五十幡くんとは一緒に走っていませんが、きれいな走りで、相当速いと感じました」