2019.07.21

佐々木朗希と逸材対決なるか。
花巻東の西舘勇陽は真価が問われている

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 花巻東の佐々木洋監督は少し困ったような表情を浮かべながら、その日リリーフ登板した西舘勇陽(にしだて・ゆうひ)について語った。

「彼は1年生からベンチに入れましたが、そんなことをしたのは雄星と大谷くらいですから。なんとかすごいピッチャーに育てたくてやってきて、なかなか思う通りにはきていませんが……。この夏にチームを守る、本当のエースになってもらいたいです」

菊池雄星、大谷翔平と並び、1年夏からベンチ入りを果たした花巻東・西舘勇陽 花巻東の背番号1をつける西舘は、水沢との4回戦に3対1と2点リードの6回裏、一死一、三塁のピンチで登板した。結果だけを見れば、3回2/3を投げて被安打3、奪三振6、四死球3、失点1。チームも水沢の粘り強い野球に苦しみながらも終盤に突き放し、8対3で勝利を収めている。

 それでも、西舘を手放しに「ナイスピッチング」と称えられない雰囲気があるのは、それだけ周囲が求めるものが大きいからだろう。

 なによりも比べられる相手が悪すぎる。高校の先輩には菊池雄星(マリナーズ)に大谷翔平(エンゼルス)がおり、同じ岩手県内のライバルには佐々木朗希(大船渡)がいる。西舘も今年に入って最速150キロを計測した馬力に、身長184センチ、体重80キロの立派な体躯もある。だが、ドラフト指名を受けるだけの潜在能力は十分にある反面、比較対象になる3人ほどの絶対的な評価を得られないまま、高校3年の夏を迎えている。

 大器の片鱗は見せている。今春の県大会準々決勝、強風が吹き荒れる大平球場での一関一戦。西舘は5回からリリーフのマウンドに立ち、5イニングをパーフェクト、6奪三振という快投を見せた。

 とくに目立っていたのは、勢いのあるストレートだ。西舘のフォームは軸足で立った後、右ヒザを曲げてから体重移動に入るため、上背はありながらボールに縦の角度が生まれにくい。しかし、爆発力のあるリリースから放たれた快速球はホームベース付近でも勢いを失うことなく、打者のバットを押し返した。