2019.07.12

無名大学が全国の強豪に激変。
ドラフト候補がもたらした意識改革

  • 高木遊●文 text by Takagi Yu
  • photo by Nakanishi Haruka

 打球が無情にもセンター前に弾むと、宮崎産業経営大のエース・杉尾剛史(つよし)は両膝に手をついてうなだれ、重い足取りで整列に加わった。

 全日本大学選手権の1回戦では、昨年秋の明治神宮大会準優勝メンバーが多く残る環太平洋大学を6安打2失点に抑えて完投勝利。

 翌日の東海大戦でも先発のマウンドに上がると、各学年それぞれにドラフト候補や甲子園経験者が並ぶ相手打線に真っ向から立ち向かっていった。だが、無死一、二塁から始まるタイブレークの延長戦で、10回こそ無失点でしのいだものの、11回に力尽き1対2でサヨナラ負けを喫した。

大学選手権で力投する宮崎産業経営大のエース・杉尾剛史 捕手の大幡正敏は「ツヨシ(杉尾)を見殺しにしてしまった。申し訳ない」と涙ながらに悔いたが、杉尾は目を真っ赤にして「こちらこそ『ごめん』と言いたいです」と語り、「4年間、日本一を目指してやってきたので悔しいです」と唇を噛んだ。

 それでもNPB球団のスカウトは、杉尾のピッチングを高く評価した。

「打者が差し込まれているので、見た目以上に手元でキレや威力があるのでしょう」(中日・中田宗男アマスカウトアドバイザー)

「ストレートも変化球も同じ腕の振りで投げられるし、曲がるところもいいし、コントロールもすばらしい」(日本ハム・大渕隆スカウト部長)

 とくに変化球は、状況や相手に応じて曲がり変える3種類のスライダーと、杉内俊哉(元巨人など)を参考にしたチェンジアップ、菅野智之(巨人)を参考したというワンシームと多彩だ。

 大学選手権での東海大戦、宮崎産業経営大の選手たちの奮闘、そして号泣とともに印象的だったのが、「日本一になれず悔しい」と全員が口を揃えたことだ。なぜなら、今から3年前、本気で日本一を目指していたのは杉尾だけだったからだ。

 宮崎で生まれ育った杉尾は小学生で野球を始め、中学の宮崎リトルシニア時代には九州選抜に選ばれた。高校は、武田翔太(ソフトバンク)らを輩出している宮崎日大に進学。3年夏にエースとして甲子園の土を踏んだ。