2019.07.06

甲子園劇的ミラクル弾の男が監督に。
佐賀北スタイルで再び奇跡に挑む

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kaku Keisuke

 今年の夏に初采配を振るう新人監督のなかでは、間違いなく”大物”の部類に入る。その人物こそ、100回を超える夏の選手権大会において、最も劇的な本塁打を放ったと言っても過言ではない副島浩史だ。

 副島は佐賀北の主力として2007年の甲子園に臨み、準決勝までに2本塁打。決勝でも野村祐輔(現・広島)、小林誠司(現・巨人)のバッテリー擁する広陵(広島)に対し、4点ビハインドの8回、副島が起死回生の満塁本塁打を放ち逆転。戦前の下馬評を覆し、佐賀北に初となる深紅の優勝旗をたぐり寄せた。

昨年11月に唐津工の監督に就任した副島浩史氏 その副島がこの夏、唐津工(佐賀)の監督として采配を振るうことになった。

 副島は佐賀北を卒業後、福岡大に進学。3年秋には本塁打、打点のタイトルを獲得してベストナインに選出されるなど、九州六大学リーグを代表する強打者として活躍。大学卒業後の進路として、社会人野球に進む道も残されていたが、迷った末に地元の佐賀銀行に就職し、軟式野球部に所属した。

 しかし、佐賀北でチームメイトだった久保貴大(現・佐賀北監督)が社会人野球を引退し、大学院に通いなおして高校野球の指導者を目指すことを知った副島は、なかば衝動的に銀行を退職。その後は佐賀県内の支援学校で講師を務めるかたわら、教員採用試験を受け、4度目の挑戦で合格を果たした。そして昨年の春、唐津工に赴任して野球部副部長となり、11月から監督として指揮を執ることになった。

 就任にあたって副島は、全部員に「チームへの貢献」を求めた。先日、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を交わした北方悠誠や、昨年の甲子園で春夏連覇を果たした大阪桐蔭のエース・柿木蓮(現・日本ハム)を輩出した土地とあって、能力の高い選手が揃う。ただ、個の力が強すぎるあまり、なかなか束になれないという欠点もあった。

「自分は守備、自分は打撃、または代打、代走……別にプレーしていなくてもバット引きやボールボーイなど、なんでもいい。なんらかの形でチームに貢献しているという実感を持たせたいのです。ウチは工業高校なので、卒業後は就職する子が多い。すぐ会社に貢献するためにも、今からそういう力を養っておいたほうがいいと思うんです」