2019.04.30

山本昌のレジェンド解説。
センバツで輝いた好投手8人+佐々木朗希

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

初戦で敗れたがプロからの評価が高い最速152キロ左腕の横浜・及川雅貴及川雅貴(横浜/183cm・74kg/左投左打)

 さすがに中学時代から侍ジャパンU-15代表の主戦格を務めていただけあって、マウンドでの雰囲気がありますね。腕の使い方やボールの角度は、まるで岩瀬仁紀(元中日)のよう。ストレートはよく走るし、スライダーにもキレがあるのは大きな武器になるでしょう。ただ、センバツでは明豊(大分)打線にノックアウトされたように、好不調の波があります。フォーム自体に暴れるところがあるので、制球を乱してしまうようですね。気になるのは、軸足である左足のヒザがすぐに折れて体重移動に入ること。これではボールに角度が出ませんし、縦系の変化球を投げるのは難しいでしょう。体重移動をしながら自然に沈んでいく形を覚えたいところです。プロで活躍するには、もう少し角度と試合で頼れる球種を増やしたいですね。