2018.08.17

4人のスカウトが選出。
甲子園100回大会ベストナインはこれだ!

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

奈良大会で打率.545をマークした奈良大付の宮川寛志■元日本ハムスカウト/芝草宇宙氏

投 手:西純矢(創志学園/2年/右投右打)
捕 手:蓑尾海斗(日南学園/3年/右投右打)
一塁手:大谷拓海(中央学院/3年/右投左打)
二塁手:奈良間大己(常葉大菊川/3年/右投右打)
三塁手:北村恵吾(近江/3年/右投右打)
遊撃手:小園海斗(報徳学園/3年/右投左打)
左翼手:宮川寛志(奈良大付/3年/右投左打)
中堅手:藤原恭大(大阪桐蔭/3年/左投左打)
右翼手:根尾昂(大阪桐蔭/3年/右投左打)

「創志学園の西くんはピッチング自体に破壊力がありますよね。投げるコースがよく、左バッターの内角ギリギリに投げ込める2年生なんていませんよ。しかも球速は145キロ前後でしょ。それにスライダーのキレも抜群で、空振りが取れる勝負球を持っているというのは、上の世界で野球をやっていくための絶対条件ですから。

 キャッチャーで蓑尾くんの選出したのは、野球に対する一瞬の判断力っていうんですか……とっさの動きがすごくよかった。ベンチからの指示がなくても自分から動ける。いろんな情報を発信できる、グラウンドの監督的な存在になれる素質があると思います。

 あと宮川くんについては、私もノーマークだったんですけど、初戦の最初の打席でセンターの横に打球が抜けたのですが、ものすごい打球でした。ストライドが大きく柔らかな走りにも将来性を感じますし、ホームランを打つなど長打力もある。時々いるんですよ、彼みたいに甲子園で自分の将来を切り開いていく選手が……」

◆100回大会は目玉不足から豊作へ。ドラフト上位候補は6人いる>>

◆2年後のドラフトがもう気になる。ス-パー1年生たちが甲子園で活躍>>

荒木大輔のいた1980年の甲子園

好評発売中!!

高校野球の歴史のなかでも、もっとも熱く、
もっとも特異な荒木大輔フィーバーの真実に迫る
圧巻のスポーツ・ノンフィクション。

スポルティーバの連載で掲載しきれなかった
エピソードも多数収録されています。

詳しくはこちら>>

関連記事