2018.08.17

4人のスカウトが選出。
甲子園100回大会ベストナインはこれだ!

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 夏の甲子園100回大会もいよいよ大詰めを迎えようとしている。今大会は春夏連覇を狙う大阪桐蔭の根尾昂(ねお・あきら)、藤原恭大(きょうた)を筆頭に、才能溢れる多くの逸材が出場。スカウトたちも選手たちの一挙手一投足に熱い視線を送っていた。また、2年生、1年生といった下級生たちの活躍も大会を彩った。

 そんな逸材たちが溢れた100回大会のベストナインを選ぶとしたら……はたして目利きのスカウトたちはどの選手を選んだのだろうか。今回、3人の現役スカウトと昨年まで日本ハムのスカウトを5年間していた芝草宇宙(ひろし)氏に、100回大会のベストナインを選出してもらった。
※選手のポジションについては、実際のものと違うところがありますが、スカウトの判断により選出いたしました。

身長168センチながら龍谷大平安の3番を打つ松本渉■30代/セ・リーグ球団スカウト

投 手:西純矢(創志学園/2年/右投右打)
捕 手:有馬諒(近江/2年/右投右打)
一塁手:野村佑希(花咲徳栄/3年/右投右打)
二塁手:斉藤大輝(横浜/3年/右投右打)
三塁手:北村恵吾(近江/3年/右投右打)
遊撃手:小園海斗(報徳学園/3年/右投左打)
左翼手:松本渉(龍谷大平安/3年/右投左打)
中堅手:藤原恭大(大阪桐蔭/3年/左投左打)
右翼手:根尾昂(大阪桐蔭/3年/右投左打)

「龍谷大平安の松本くんを選んだのは、あの暴走気味のベースランニングが気に入ったからです。鳥取城北との試合で、打球が右中間に転がった瞬間、『三塁打だ!』決めつけているような走りだった。一塁手と接触しそうになったのに、あきらめる気配もなくグングンスピードを上げていく。最近の高校生は、50メートルを5秒台で走れる足があるのに全力疾走しない子が結構います。そんななか、あの走塁意欲は印象的でした。身長は高くないけど、立派に平安の3番を務めています。おそらく、体も強いと思いますし、なにより負けん気の強さを感じます」