2018.08.18

金足農にまさかの逆転負け。
「横浜らしさ」はどこにいったのか

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「まさか」の一発だった。

 金足農・高橋佑輔の打球がセンターバックスクリーンへと飛び込んでいく。高橋にとって、これが高校生活初めての本塁打。8回裏、2点リードをひっくり返される3ランに横浜ナインはぼう然と立ち尽くした。

優勝候補の一角に挙げられながら、3回戦で姿を消した横浜ナイン 直前のプレーでは、さすが横浜という守備を見せていた。無死一、二塁で5番・大友朝陽がバントの構えをすると、ファーストの内海貴斗が猛然とダッシュ。プレッシャーをかけ、バントを失敗(ピッチャーフライ)させた。この日の金足農打線は、6番以降は無安打。勝利をグッと引き寄せたように見えた。

「あれでいけるかな、と思ってしまった」(平田徹監督)

 勝てると思った直後に落とし穴が待っていた。先発の板川佳矢は7回で103球。ベンチには150キロ左腕の及川雅貴(およかわ・まさき)がいる。継投を考えたかと尋ねると、平田監督はこう言った。

「結果的には代えるべきだったかもしれません。継投は常に準備しています。試合をしているその瞬間、瞬間で決断できなかった」

 本塁打2本による5失点。平田監督は、3回の吉田輝星(こうせい)の2ランについても悔いを残している。

「吉田君は前の打席の内容がよかった(センター前ヒット)。一塁が空いていた(二死三塁)ので無理に勝負をすることはない。私がもっとバッテリーに指示をしていれば……」

 だが、悔やまれるのは継投よりもむしろ攻撃面。8安打の金足農を上回る12安打を放ちながら、4点しか取れなかったことだ。残塁は11を数えた。

「12本打って4点ですから。詰めが甘かった。私の責任です」

 初回の攻撃では”横浜らしさ”を見せた。先頭の山崎拳登が三塁打を放つと、2番・河原木皇太のファーストゴロで先制点。相手が前進守備を敷いていないのを見て、強引に打ちにいかず、スライダーをなんとかゴロにする打撃だった。

「相手は『1点は仕方ない』という守備。ゴロを転がせば点が取れる。なんとか食らいついていけたと思います」(河原木)

 自分が打ちたいという打撃ではなく、点を取るための打撃。かつて甲子園で常勝を誇った横浜では、当たり前のプレーだ。その後も一死満塁から吉田の暴投で2点目。幸先のよい滑り出しだった。