2018.08.12

5人のプロスカウトに直撃。
「根尾昂は投手か、野手か、二刀流か?」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 夏の甲子園100回大会の2日目、春夏連覇を狙う大阪桐蔭が作新学院(栃木)を3-1で下した。”二刀流”として注目を集める大阪桐蔭の根尾昂(ねお・あきら)は、「5番・ショート」で出場すると、2回に先制の足がかりとなる三塁打をレフト線に放った。

守備でも軽快な動きを見せる大阪桐蔭の根尾昂 チェンジアップにタイミングを外された直後のチェンジアップ。それを狙って、次はしっかりと間をつくって呼び込み、逆方向へ振り切ったスイング。したたかな”待ち方”だった。

 2打席目はアウトにはなったが、強烈なライナーでセンターに弾き返し、4打席目は左中間を破る二塁打。4打数2安打と幸先のいいスタートを切った。

 この試合では、守りでも魅せた。

 7回、作新学院の6番・石井巧のセンター前に抜けるかという打球に、腕を目一杯伸ばして捕球すると、そのまま反時計回りに回転し、一塁へ矢のような送球でアウトにしてみせた。そして9回の守備では、無死一、二塁のピンチで強烈なショートゴロに鋭く反応して併殺に。

 結局、この日は最後までマウンドに上がることはなかったが、最速148キロのストレートと切れ味鋭いスライダーは、投手としても十分に魅力である。

はたして、プロのスカウトたちは根尾を”投手”として見ているのか、それとも”野手”として見ているのか、はたまた”二刀流”として見ているのか。今回、5人のスカウトに話を聞くことができた。

「内野手。それもショートですね」

 そう即答したのは、現役時代はショートやセカンドなど、内野手として活躍したスカウトだ。

「見ましたか、あの肩。三遊間から一塁が近く見えるほどの肩の強さ。あれだけは鍛えても身につかない。プロのショートはああいう”財産”を持った選手にやってもらいたい。私自身がそうじゃなかったから、余計にそういう願望がありますね」