2018.05.22

山本昌がセンバツ投手11人を鑑定。
「プロでもやれる」と驚くのは?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

センバツでは初戦で近江に打ち込まれたが、能力の高さを証明した松山聖陵の土居豪人土居豪人(どい・ひでと/松山聖陵/190cm・80kg/右投右打)

今季一軍で活躍し始めているアドゥワ誠投手(広島)の後輩なんですね。彼もアドゥワ投手に負けず劣らずの、素晴らしい素材です。非常に身長が高く、上から投げ下ろす角度がある上に、ボールの走りもいい。また、縦に大きく変化するカーブの質がまたいいですね。昔で言う「ドロップ」のような、最近はあまり見ないきれいな変化をします。まだ体は弱いし、アウトステップ気味という課題はあります。実際に春のセンバツでは近江高に打ち込まれましたが、将来性はピカイチだと感じます。