2018.03.30

「7番バッター」もドラフト有力候補。
そりゃ強いはずだよ、大阪桐蔭

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大阪桐蔭の試合が終わると、甲子園球場内の控室へと戻ってきた”逸材”たちを新聞、テレビ、雑誌など多くのメディアが取り囲む。

 根尾昂(あきら)、藤原恭大(きょうた)、柿木蓮といった看板選手が鈴なりの報道陣を前に堂々と受け答えする。そんな傍らで、所在なげにたたずんでいたのが山田健太だった。

昨年からレギュラーとして活躍する大阪桐蔭・山田健太 3月26日の伊万里(佐賀)との初戦を終えた直後、筆者と1対1で向き合った山田は大勢の報道陣に囲まれる根尾や藤原に視線をやりながら、こう語った。

「今はこんな感じですけど(笑)、勝ち進んでいくなかで大事な場面で1本打って、注目してもらえればいいかなと思います」

 7番・セカンド――。それが山田に与えられた役割だ。お世辞にもチームの中核とは呼べない立場で、多少結果を残したくらいでは多くのメディアが食いつかないのも無理はない。だが、そんな山田のポテンシャルに注目しているプロスカウトも多いのだ。

 山田は身長183センチ、体重83キロという大型選手ながら、機敏な動きが求められるセカンドをこなす。昨春センバツで打率.571、1本塁打と大爆発し、優勝に貢献したことを鮮明に覚えている高校野球ファンも多いに違いない。

 長打力のある右打ちの内野手はプロ側の需要が高いだけに、今秋までにアピールできればドラフト指名を受ける可能性も十分あるだろう。もし根尾や藤原が同じチームにいなかったら、もっとスポットライトを浴びていてもおかしくない存在だ。

 今年の大阪桐蔭の最上級生は、例年にもまして有望選手が集まった。そのためか、有望選手の代表格である藤原は1年前にこんなことを言っていた。

「みんな『オレが、オレが!』という気持ちが強過ぎて、今のところ同期はまとまっていませんね(笑)」

 藤原や主将の中川卓也ら、アクの強いメンバーが強烈に自己主張するなか、山田は自虐交じりに「自分は控えめな方だと思います」と自己分析する。根尾や藤原が脚光を浴びることについて聞いても、「周りにいい選手はいますけど、チームのために個人の欲を消して自分の役割をまっとうしたいです」と優等生発言が返ってくる。