2017.04.24

「100mで桐生祥秀に勝った男」が
プロ野球ドラフト上位候補に急浮上

  • 高木遊●文・写真 text&photo by Takagi Yu

 両親はともに陸上選手で、特に父は九州学院から九州産業大への進学もスポーツ推薦で決めたほどの選手だった。その遺伝子を引き継いだ島田は、宇土市立鶴城中時代に野球部に所属する傍ら、陸上競技大会に出場。すると100m を11秒01で駆け抜け、熊本県を制してしまう。

 さらに全国大会では決勝進出こそならなかったものの、予選でリオデジャネイロ五輪4×100mリレーの銀メダリスト・桐生祥秀(現・東洋大)よりも先着した。当の島田は「桐生くんはケガしていたらしいので......」と謙遜するが、その俊足は高校の陸上関係者からも熱い視線が注がれていたのは事実。結局、島田は野球志望の意志が強く九州学院に進学したが、野球部よりも先に父もOBである陸上部から声が掛かっていたほどだった。
 
 九州学院では2年春にセンバツ甲子園に出場し、2回戦で大阪桐蔭と対戦した。「格の違いを感じました」と振り返るように、藤浪晋太郎(現・阪神)の前に2打数無安打、ひとつの犠打を記録したのみ。第4打席には代打を送られた。以降は甲子園に縁がなく、上武大に進学した。

 レギュラーを獲得した2年春以降、どのシーズンも盗塁は2試合に1個を上回るペースで積み重ねてきたが、打撃は波が大きかった。2年春に打率.333をマークするが、秋は.257。3年春には.469で首位打者を獲得するも、秋は.160と大きく苦しんだ。

 それが今春はコンスタントに安打を重ね、開幕週の対新潟医療福祉大2回戦では打った瞬間にそれとわかる本塁打を放つなど、俊足とともに打撃の好調ぶりも光っている。