2015.03.29

プロスカウトが見たセンバツ「特Aは高橋純平ただひとり」

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「田中将大や菊池雄星(花巻東→西武)のストレートは『ドスン』という感じだったけど、高橋は『ピシャ』っていう感じでキレがある。たまにヒジが上がりきらない時があるけど、上がった時は角度がある。腕のしなりや、腕を振るスピードは尋常じゃない」(パ・リーグスカウトB氏)

 打たせて取るピッチングで、簡単に試合を終わらせてしまったため、こんなことを言うスカウトもいた。

「迫力やダイナミックさがない。150キロは簡単に出すし、クイックなど細かいこともできることはわかったけど、まだすべてを見せていない感じがする。天井を見てみたい」(セ・リーグスカウトC氏)

 それだけ期待が大きいということだろう。

 そして、高橋以外で指名確実な選手として名前が挙がったのが、仙台育英のショート・平沢大河(右投左打)。大会前は打撃で注目を集めていたが、スカウトたちは守備力を高く評価した。

「あのスローイングができるのは高校生ではなかなかいない。形がいいし、正確性もある。高校生のショートはプロに入るとセカンドやサードにコンバートされることが多いけど、彼はプロでもショートとしてやっていける可能性がある」(パ・リーグスカウトA氏)

「守りは素晴らしい。スタートの切り方はずば抜けている。あともう少し身長があれば......。登録では176センチなんだけど、そうは見えない」(セ・リーグスカウトD氏)