2014.04.04

センバツでドラフト上位候補に名乗り出た7人の逸材

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 済美・安樂智大、前橋育英・高橋光成ら、スター選手が不在だった今年のセンバツ。それでも、スカウトをうならせた球児たちはいた。

1回戦の三重戦で2本塁打を記録した智弁学園の岡本和真。

 その一番手が、智弁学園・岡本和真(内野手)だ。1回戦の三重戦ではバックスクリーン弾を含む2本塁打。けた外れのパワーを見せつけた。

「待望の長距離砲だね。アマチュアとプロの違いは、頭が動くか動かないかとトップが決まるか。そして彼は頭が動かない。(2回戦の佐野日大戦で)三振したときもボールを追いかけてはいなかった。183センチ、95キロの体で心配したけど、想像していたより動けていた。去年の秋に比べて、体を絞ったみたいだね」(セ・リーグスカウトA氏)

「あのサイズであのパワー。1位指名もあるんじゃないかな。プロには80点平均の選手じゃなくて、飛び抜けているものがある選手が必要。なんとか育ててレギュラーにしなきゃいけない素材」(パ・リーグスカウトB氏)

 ドラフト候補対決となった佐野日大・田嶋大樹との対戦では2三振に終わった。「一死三塁で低めのボール球に手を出している時点でダメ」(パ・リーグスカウトC氏)と厳しい声もあったが、右打ちのスラッガーはプロが待ち望むだけに、期待は大きい。

 次に名前が挙がったのが、横浜・浅間大基(外野手)。文句なしに外野手ではナンバーワン評価で堂々のドラフト上位候補だ。

「走攻守に欠点がないよね。例えば、後藤駿太(前橋商→オリックス)なら守備と足はいいけど、打撃は……と課題があったけど、それがない」(パ・リースカウトB氏)

「今大会のスピードスター。細いけど、体の軸がしっかりある。低めのへの対応が課題だけど、3割30盗塁が期待できる素材だね。完成度も高く、少なくとも、昨年の上林誠知(仙台育英→ソフトバンク)、吉田雄人(北照→オリックス)よりは上」(セ・リーグスカウトA氏)