2014.03.20

【高校野球】センバツ開幕。主役不在もニュースター誕生の予感あり

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 3月21日から第86回センバツ高校野球大会が始まる。今大会は、昨年のセンバツ準優勝投手の済美・安樂智大、夏の選手権優勝の前橋育英のエース・高橋光成(たかはし・こうな)が不出場となりスター不在がささやかれているが、意外なところからスターが誕生する可能性もある。

プロからも高い注目を集める横浜の浅間大基。

 そんな中で注目を集めているのが、佐野日大(栃木)の左腕・田嶋大樹と智弁学園(奈良)の右のスラッガー・岡本和真だ。

 田嶋は鹿沼ボーイズに所属した中学時代に全日本に選ばれ、世界選手権3位になるなど実績十分。182センチの長身から最速145キロを誇り、安定感も抜群。昨秋の栃木県大会では28イニング3分の2を無失点に抑える好投を見せ、関東大会の準々決勝では優勝候補の横浜(神奈川)を破り、甲子園出場の原動力となった。

「以前は立ち上がりが悪かったんですけど、秋の大会から父親に『試合前は早く起きてジョギングしてから行け』言われてやったら、アップの時から体の感じが違う。1回からしっかり球が行くようになりました」

 時折、サイド気味になり腕の位置が一定しないなどの課題はあったが、ひと冬越えてどこまで成長しているのか楽しみは尽きない。注目の初戦は大会3日目、第3試合。鎮西(熊本)と対戦する。

 183センチ、95キロの岡本も橿原磯城シニアで日本代表に選ばれ、4番を打つなど中学時代から評判の逸材。高校2年生だった昨年、1年間で48本塁打を量産し、高校通算では56本塁打を誇る。

 スラッガーでありながら、昨秋の公式戦は打率.632の高打率をマーク。さらに特筆すべきは、7試合、30打席で三振がゼロということ。「当てにいかず、ボールに対して強く振るだけ」と強振するスタイルである上に、「秋はボール球が増えたのに、打ちにいってしまった」と反省する内容でこの結果だから驚かされる。ただ、センバツ直前になって腰痛を抱えていることが判明。注目度が高く重圧とも戦わなければならないだけに、本領発揮できるかどうか。岡本擁する智弁学園は、大会4日目、第1試合で三重と対戦する。