2013.07.15

桐光学園・松井裕樹、苦しみながら手にした大きすぎる1勝

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 小内慎司●写真 photo by Kouchi Shinji

相洋戦で苦しみながらも完投した松井裕樹 13連勝――。それがこの夏、桐光学園の松井裕樹が唯一の目標に掲げる数字であった。全国屈指の激戦区である神奈川大会の7連勝と、甲子園での6連勝。つまり、全国制覇である。

 春の神奈川大会で準優勝し、関東大会に出場した頃、松井はこの「13連勝」をたびたび口にし、「夏まで1日も無駄にしたくない」と話していた。最後の夏を前に行なった練習試合では、センバツを制した浦和学院をわずか108球で完封、18三振を奪う快投をみせ、順調な仕上がりを披露した。直前の練習では猛暑の中でのピッチングを想定して、グランドコートを着込んで練習するなど、暑さ対策も万全を期していた。ところが――。

 神奈川大会初戦の相手は、1回戦で中央農業に勝利した相洋高校。ストレート中心に力で押そうとした序盤は、球が高めに浮き、制球が定まらない。2点を先制しながら、5回には9番打者に同点に追いつかれる2点タイムリーを喫する。

「見えるぞ、見えるぞ」

 相洋ベンチ内にはそんな声が飛んでいたという。相洋は、昨年夏の4回戦でも桐光学園と対戦しており、4-6(松井は途中から登板)で敗れていた。以後、部室には拡大コピーした松井の写真を貼り、「打倒・松井」の思いを秘めて、この1年を戦ってきた。高橋伸明監督はしばし「お前らと同じ高校生じゃないか」とナインに檄を飛ばし、スライダー対策を重ねてこの日の試合に臨んでいた。

 同点に追いつくまで、スライダーの割合こそ少なかったが、相洋ナインはボールになるスライダーを確実に見極め、甘く入ったストレートを打ち返していた。