2014.09.15

【自転車】片山右京「ツール・ド・フランスでないとダメな理由」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira photo by AFLO

遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第22回】

 自転車3大ステージレースのひとつ、ブエルタ・ア・エスパーニャが閉幕した。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスと並ぶ欧州を代表するビッグイベントだが、レース結果を当たり前のようにチェックしている日本人は少数だろう。ただ、「ツール・ド・フランス」という名称だけは、あまり自転車に興味を持たない人々にも、「世界的に有名なレース」として知られている。ツール・ド・フランスの魅力とは何なのか、自転車レースを長年取材しているジャーナリストの山口和幸氏に話を聞いた。

(前回のコラムはこちら)

今年のツールにはイギリスのウィリアム王子夫妻もかけつけた スペインを舞台に激闘が続いた今年のブエルタ・ア・エスパーニャは、最終日9月14日(日本時間9月15日)の個人タイムトライアルで21日間に及ぶドラマの幕を閉じた。今年のブエルタは、ツール・ド・フランスで優勝候補に挙げられながら、ともに負傷で途中リタイアを余儀なくされたアルベルト・コンタドール(スペイン/ティンコフ・サクソ)とクリス・フルーム(イギリス/チーム・スカイ)が参戦し、大きな注目を集めた。

 コンタドールは10日目で総合トップに立ち、リーダージャージの「ヘルセイ・ロホ(jersey rojo/スペイン語でレッドジャージの意味)」を着用。これを総合2番手のフルームが1分19秒差で追う緊迫した状態で、最後の山岳ステージとなる20日目を迎えた。この日は185.7キロのコース終盤で一級山岳を越え、さらに最後は超級山岳の山頂ゴールが控えるという高難易度。その舞台で、両雄は真っ向から激突した。

 残り5キロとなった急勾配の途上で、フルームはコンタドールを振り切るべく何度も揺さぶりをかけるが、コンタドールはそれをことごとくチェック。その後、急峻(きゅうしゅん)な登り坂のラスト1キロで、今度はコンタドールがスパートした。そして、力尽きたフルームを振りきってゴール。トータル1分37秒の差を築いたコンタドールは、最終日の個人タイムトライアルでもそのマージンを守りきり、2008年と2012年に続き3度目となるブエルタ総合優勝を達成した。