2019.12.18

宮司愛海&西岡孝洋が語る全日本
フィギュア「時代の転換期になる?」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第7回

前回の対談の記事はこちら>>
連載1回目はこちら>>

フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』でメインキャスターを務める宮司アナの連載『Manami Memo』。第7回は前回に引き続き、「全日本フィギュアスケート選手権」の中継で男子シングルの実況を担当する西岡孝洋アナとの対談。

『全日本フィギュア』について語った宮司アナと西岡アナ宮司 フィギュアスケートに携わってから16年の積み重ねがあると言っても、西岡さんのお話には過去のことが鮮明に出てきますよね。どうしてそんなに覚えていられるのかって思うほどです。(※詳しくは前回を参照)

西岡 ほかのことは忘れがちなんだけど、フィギュアスケートは特別。きっとそのシーズンや大会に至るまでのストーリーを覚えているからだと思う。全体を1本のフィルム映画のように覚えているところもあるから、選手がどういうスケートをしたかも浮かんでくるのかな。

宮司 思い入れが強くても、なかなかできることではないですから(笑)。さて今回、いよいよ全日本フィギュアスケート選手権が始まります。どんな演技が記憶に残る大会になるのか楽しみですよね。

西岡 今年のような全日本フィギュアスケート選手権は、最初で最後かもしれないと思う。まず羽生結弦選手が戻ってきたこと。そこで世界トップレベルの宇野昌磨選手と争う。加えて、一時代を築いた髙橋大輔選手が、シングル最後の試合に挑む。

(世界選手権出場への)代表争いも充実していて、田中刑事選手、友野一希選手、山本草太選手といて、島田高志郎選手もいる。これだけでもすごいことなのに、鍵山優真選手と佐藤駿選手というジュニアの素晴らしい才能を持つ選手もいる。

宮司 そうですよね。先日行なわれた全日本ジュニア選手権の中継を担当したのですが、佐藤選手は本人的に不本意な演技だったようなので、「全日本選手権では」という想いは強いようです。もちろん先日のジュニアグランプリファイナルでの素晴らしい演技もありますし、より楽しみです。

西岡 髙橋大輔選手がシングル最後の大会に、ジュニアの2人がいるのが、時代の転換期になる気がしてならないんだよね。そこにオリンピック2連覇の羽生選手もいる。こんな全日本フィギュアスケート選手権は、僕がしゃべったなかでは記憶にないし、10年後に振り返った時に、「あの時のメンバーはすごかった」となる大会だと間違いなく思っている。

宮司 だからこそ、ジュニアの選手にも注目してもらいです。中継をご覧になる方の多くは、羽生選手や髙橋選手、宇野選手に目が行くと思うのですが、5年後、10年後の日本のフィギュアスケート界を背負っているのはジュニアの選手たちですから。