2019.12.17

宮司愛海×西岡孝洋のフィギュア対談。
中継の醍醐味とその難しさ

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第6回

前回の記事はこちら>>
連載1回目はこちら>>

フィギュアスケートについて語った西岡アナと宮司アナ

 フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』でメインキャスターを務める宮司アナの連載『Manami Memo』。第6回のテーマは「フィギュアスケート」。今回は少し趣向を変えて、「全日本フィギュアスケート選手権」の中継で男子シングルの実況を担当する西岡孝洋アナに加わってもらった。

 今年の9月から10月にかけて行われたワールドカップバレーでは、毎日のように現場で顔を合わせた西岡アナは、宮司アナにとって大先輩であり、じつはふたりとも九州出身。しかもアナウンス室での席は隣同士だ。

 そんなふたりに互いの印象を聞いたところ、西岡アナ曰く「宮司は、とにかく"九州の女性"というイメージで常に一生懸命。努力家で、よくも悪くも自分の努力に裏打ちされたことしか信じていないところがちょっとある」。

 一方、宮司アナの西岡アナに対する印象は「仕事に厳しい先輩ですが、その分だけ取材対象者やスタッフからも厚く信頼されていて、私のお手本です」。

 フィギュアスケート中継に携わって2年目の宮司アナが、その道16年!という西岡アナに話を聞きながら、フィギュアスケート中継の醍醐味について語った。

宮司 西岡さんはフィギュアスケート中継に、いつから関わるようになったのですか?

西岡 僕が最初に携わったのは、2004年にドルトムントで行なわれた世界フィギュアスケート選手権。もう16年も経ってしまい、当時のスタッフで今も残っているのは、僕と数名くらい。

宮司 その大会で優勝したのは、荒川静香さんでしたよね?

西岡 そう。まだトリノ五輪で金メダルを獲る前で、国内では実力のある選手として知られていたけど、国際大会ではダークホース的に見られていた。だから、当初は優勝するとは思っていなかったけれど、現地での練習が毎日完璧だった。「これは、もしかすると...」と思っていたら、あれよあれよという間に金メダルを獲得した感じだった。

宮司 その時から実況担当だったのですか?

西岡 いやいや、当時はいまの宮司が任されているリポートを担当していました。

宮司 西岡さんにもそんな時期があったんですね!

西岡 あった、あった。ヒソヒソ声でリポートしていましたよ。