2019.12.27

宮司愛海アナが2019年スポーツを振り返り。
個人的10大トピックスは?

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

宮司愛海連載:『Manami Memo』 第8回

前回の記事はこちら>>
第1回の記事はこちら>>

フジテレビの人気スポーツニュース番組『S-PARK』でメインキャスターを務める宮司アナの連載『Manami Memo』。第8回のテーマは、「2019年10大トピックス」。2019年を振り返り、自身にとって印象深い出来事について1月から振り返った。

2019年のスポーツシーンを振り返った宮司愛海アナ
 早いもので、もう1年を振り返る季節。今年のスポーツ界は、東京2020オリンピック・パラリンピックの1年前ということもあって大きな大会が立て続けに行なわれましたね。実際にスタジアムなどに足を運んで感動の瞬間を味わった方も多かったのではないでしょうか。

『S-PARK』は番組開始から2年目を迎え、私自身も昨年にも増して多くのアスリートの方に出会い、たくさんの経験をすることができました。

【1月】三浦和良選手の合宿に同行取材

 今年は1月から貴重な経験をさせていただきました。カズ(三浦知良)さん恒例のグアム自主トレ合宿に同行取材。まだ夜も明けきらないうちから始まるトレーニングを取材し、練習の合間にインタビューもさせてもらいました。

 また、2月26日のカズさん52歳の誕生日には、多くのメディアが集まるなか、特大ケーキとともに52本のバラの花束を渡す大役を任されました。花束を渡した直後、真っ白いスーツ姿のカズさんにハグされて、驚きのあまり棒立ちになってしまったのが懐かしくもあります。

 そして、11月24日のJ2リーグ、横浜FC対愛媛FC戦。この試合に2-0で勝った横浜FCは、ホームのサポーターの前で13年ぶりのJ1昇格を決めました。後半42分、カズさんが交代出場したときのスタンドの熱気に、改めてその存在の大きさを感じました。

『S-PARK』ではその試合後、カズさんにお話を伺うと、やはり交代の際の大歓声には「うるっときた」とお話しされていました。その囲み取材後、誕生日会見以来お会いしたカズさんに番組視聴者用のプレゼントを手渡しでいただくと、今年2度目のハグ。長いシーズンを戦い終え、J1昇格を果たした喜びがひしひしと伝わってきました。

 こうした振る舞いを爽やかにできるのも、カズさんの魅力ですよね。10代でブラジルに渡るなど、豊富な海外経験のなかで磨かれた国際感覚を持たれているからだと思います。大ベテランのカズさんが、来季のJ1でどんなプレーを見せてくれるのか。来季Jリーグの開幕が待ち遠しいです。

【3月】イチロー選手の引退会見に感動

 ベテランと言えば、今年は長年その競技を牽引してきたトップ選手たちの引退が多かったですね。ゴルフ界では諸見里しのぶさんや佐伯三貴さんがツアーの第一線から退くことを決断。野球界では上原浩治さんや阿部慎之助さんが、今季限りでユニフォームを脱ぎました。

 そして大きな話題となったイチローさん。3月21日の東京ドームでのシアトル・マリナーズ対オークランド・アスレチックスの試合後に現役引退を表明。ユニフォーム姿のまま深夜の引退会見に臨まれました。

 私はその時、世界フィギュアスケート選手権で会場にいたため、引退会見はテレビで見ていました。印象に残ったのは、「少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思っている。一気に高みにいこうとすると今の自分とギャップがありすぎて、それを続けられない。地道に進むしかない」という言葉。あのイチローさんですらそうしたことを感じていた、ということに衝撃を受けたのと同時に、自分自身も励まされ、明日に向かう活力をもらいました。今後ずっと大切にしていきたい言葉のひとつです。この言葉以外でも、会見でのイチローさんの言葉は心に響くものばかりで、宝石のいっぱい詰まった宝箱のようでした。