2016.04.28

馬場ふみか、フルマラソンへの第1歩。
初心者がシューズ選びで注意すること

『美しくなるためのランニング講座』  第1回●シューズ選びのポイント
石塚隆●取材・構成 text by Ishizuka Takashi
山本雷太●撮影 photo by Yamamoto Raita
八戸亜季子●ヘア&メイク hair&make-up by Hachinohe Akiko
松尾由美●スタイリング styling by Matsuo Yumi

ランニング初心者の馬場ふみかさん(女優・モデル)がフルマラソン完走を目標にトレーニングを開始! 指導担当は、湘南ベルマーレ・トライアスロンチームの中島靖弘ヘッドコーチ。「楽しく、頑張りすぎない」ランニング講座がスタートします。

馬場さん/ジャケット:ランニング パフォーマンスメリノハイブリッドジャケット(12,600 円+税)/インナー:トレーニング パーフェクトタンク(3,900 円+税) 中島コーチ/ジャケット:ランニング リフレクティブストレッチウインドジャケット(6,230 円+税)/パンツ:ランニング リフレクティブストレッチウインドパンツ(5,320 円+税)■はじめに
 ランニングのトレーニングは「長い時間動き続けること」から始めましょう。最初は走り続けなくてもいいので、自転車に乗ったり、歩くだけでも結構 です。まずそれがひとつのステップになります。動き続けることができたら、今度は効率。初心者がランニングをすると、どうしてもブレーキをかけてしまう瞬 間があるので、ブレーキをできるだけかけないようにする。効率よく力を発揮することがポイントになります。

 そのための動きや基本的な姿勢を最初に覚えましょう。姿勢が悪いと非効率な動きになってしまいますからね。

 たとえば、ウォーキング中、歩き方にロスのある人もいれば、効率よく歩ける人もいる。その点、馬場さんはモデルさんですので、ウォーキングのレッスンを受けていると思いますし、スムーズにトレーニングに入ることができるでしょう。

  長時間動くためには、いかに出力を低く、効率的に動くかがポイントです。また、走ることは「ジャンプの連続」になるので、自分の力だけでジャンプはせず、 大きく言うと「地球からパワーをもらいながら」、つまり「地面反力」をうまく使いながら正しい走り方をやっていければいいですね。

 やはり最初が肝心です。動きを固めないうちに、正しい動作を身につける。また、日本人は頑張ることに美学を置いてしまいますが、その前に頑張らず苦しくない方法で取り組んでいきたいと思います。

 フルマラソンは、いかに効率のよいフォームで長く走ることができるかが重要です。どうしてもマラソンをやろうとすると「苦しい」とか「しんどい」といったイメージがついてしまいがちですが、正しいフォームや体幹の使い方で無理なく走りきることができるのです。