2017.03.06

コラムフォト 2017/03/06

■石井弘寿(いしいひろとし)
1977年、千葉県生まれ。
1995年ドラフト4位で東京学館高からヤクルトスワローズに入団。先発、リリーフとして活躍し、日本一にも貢献した。2002年、リーグ最多登板で最優秀中継ぎ投手に輝く。2004年、アテネ五輪に出場、銅メダルを獲得。2005年には抑えとして自己最多の37セーブを挙げ、球界屈指の左腕に成長した。2006年オフに左肩の手術をした後は、リハビリの日々を送る。2011年9月、引退表明。2012年にスワローズの二軍育成コーチに就任。2017年から一軍投手コーチを務めている。
記事を読む>WBCの悲劇。そのとき、豪腕サウスポー石井弘寿に何が起きたのか
photo by Motonaga Tomohiro