2018.08.09

松田丈志の予感。「池江璃花子の進化は
国際大会で加速する」

  • 松田丈志●文 text by Matsuda Takeshi
  • photo by Kyodo News

【短期連載】松田丈志が解説!「パンパシ」・「アジア大会」(1) 

 4年に1度のオリンピック、その中間年に当たる今シーズン、競泳はパンパシフィック水泳選手権が開催され、選手たちはその後すぐアジア大会に出場する。「トビウオジャパン」にとって熱い戦いがいよいよ始まる。

パンパシの公式練習の場で笑顔を見せる池江璃花子

かつてない異例の2連戦

 パンパシフィック水泳選手権は本日9日からスタートだ。いつもと違うのはアジア大会との日程が近いこと。例年なら、パンパシフィック水泳選手権からアジア大会まで1ヶ月程度間が空いていたが、今年は中6日でアジア大会が始まる。このことについて平井伯昌監督に話を聞くと、

「パンパシの4日間(8月9日~12日)とアジア大会の6日間(水泳は8月19日~24日)を通して、10日間の大会だと考えている。東京五輪も決勝は午前中に行われることが決まり、競泳の大会期間は9日間になる見込みで、そのシミュレーションにもなる」と話していた。