2022.07.26

「日本のお家芸にしたい」。世界陸上で4位と男子のマイルリレーが健闘、より上位を目指せる選手たちが育っている

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by AFP/AFLO

 アメリカ・オレゴンで開催された世界陸上競技選手権、最終日の7月24日。若手で挑んだ男子4×100mリレー予選敗退の喪失感を、男子4×400m(マイル)リレーが大健闘の走りで埋めてくれた。

4×400mリレーで4位というすばらしい結果も、悔しさを滲ませた4×400mリレーで4位というすばらしい結果も、悔しさを滲ませた  昨年の東京五輪は予選で、96年アトランタ五輪でマークした3分00秒76の日本記録に並びながらも、決勝進出を逃したマイルリレー。個人の400m出場もウォルシュ・ジュリアン(富士通)のみだった東京五輪とは違い、今大会は、ウォルシュを含めて3人が世界ランキングで権利を得て出場を果たしていた。

 そしてマイルリレーも、三重県の中学校教員ながらも東京五輪代表になり、今年4月からは母校の中京大でプレイングコーチとして競技に取り組んでいる川端魁人(中京大クラブ)や、今年5月に日本歴代8位の45秒40を出し、日本選手権でも優勝した佐藤風雅(那須環境技術センター)が初代表に。その3人に加えて、日本選手権4位で、「後半が強く、すごい能力を持っている」(土江寛裕コーチ兼ディレクター)と期待する初代表の中島佑気ジョセフ(東洋大)がメンバーという顔ぶれになった。

 大会が始まると中島は、初日のミックスマイルリレーに第1走者で出場し、日本選手権で出した自己記録より0秒01速い46秒06で走って好調さをアピールした。大会3日目から始まった400mでは、川端は自分の走りができずに予選敗退だったが、佐藤は45秒88、ウォルシュも45秒90でともに組4位になり、記録プラスの2番目と3番目で準決勝に進出。20日の準決勝で敗退したが、ともにタイムを上げて「個人で行けなかった決勝を、マイルでは実現したい」と気持ちを高めた。

 そんな4人が再びグランドに立ったのは、4×100mリレー予選敗退を見た翌日23日の予選。第1組で登場した日本は、アメリカに最初から突き放されたものの、佐藤が45秒51の3位でつなぐと、2走の川端も着順での決勝進出条件となる3位をキープ。3走のウォルシュは、「前のふたりがいい順番できてくれたので、あとは頑張って4走に渡すだけ。いい順番で渡せたので、そこでもう大丈夫だと安心しました」と、44秒99のラップタイムでジャマイカを抜いて順位を2位に上げた。

 そして4走の中島は、バックストレートでジャマイカとトリニダード・トバコに並ばれたが、「後半は自信があったし、バックストレートは向かい風だったので『ここは相手に力を使わせよう』と落ち着いて走れたので、ラストのスピードにつながった」と、2位でゴール。全体でも3分01秒53は2位のタイムで、メダル獲得の可能性も見えてきた。