2021.12.25

箱根駅伝の往路優勝もありえる充実の創価大。薄底シューズの練習に成果、復路も人材はいる

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by SportsPressJP/AFLO

 前回の箱根駅伝の往路。創価大は、有力視されていた駒澤大や青学大が序盤でミスを出すなか、2区の6位以外は区間3位以内でつなぎ、4区でトップに立つとそのまま往路優勝を果たした。復路も10区途中までは先頭を維持し、想定外の快走で総合2位と大旋風を巻き起こした。

初めての出雲駅伝で6区を走った嶋津雄大。7位ながらも、徐々に創価大の調子は上がってきている初めての出雲駅伝で6区を走った嶋津雄大。7位ながらも、徐々に創価大の調子は上がってきている この記事に関連する写真を見る  春先はそのプレッシャーもあってか振るわず、全日本大学駅伝選考会は14位の惨敗で初出場を逃した。このままでは、箱根のシード権獲得も危ないのでは、というマイナスの雰囲気が漂っていた。

「箱根2位のプライドを持った戦い方をしようということで、チーム全体にトラックでも勝負したいという思いがありました。5000m13分台と1万m28分台を8~10名揃えるのを7月のトラックシーズンまでに達成したいと動いたので、必然的に練習でも求めるレベルが高くなったんです」(榎木和貴監督)

 上を目指すことは大事なことだが、その影響でケガ人が出たり、疲労が溜まってレースで結果を出せない選手も多くなってしまった。榎木監督はこの時のチームの雰囲気をこう振り返る。

「例年なら5~6名の1年生が上級生を突き上げるというのがありますが、練習のレベルが上がったことで、上級生とのギャップが大きくなっていました。1~2名は上のグループに入ってきたものの、試合ではまだ14分0秒台や13分台を狙うレベルまでは達していないということで、上級生も危機感を持てなかった部分はありました」

 そんななかでの全日本選考会の惨敗。主将の三上雄太(4年)は「前回の箱根にエントリーされてなかった選手のなかには『うちは強いから、上位の選手に任せておけば何とかなる』というような雰囲気がありました。でも全日本がダメになってやっと『やばい』という気持ちが出てきて、『上の人たちだけが頑張っても、チームとしての本当の強さじゃない』と考えるようになりました。それで夏合宿も頑張ってくれたのだと思います」