2021.07.21

野口みずきが「絶対できない」練習をする選手2人。女子マラソンで日本記録更新の可能性は高い

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

 1年の延期を経て、今月の23日から始まる東京五輪。女子マラソンは最終日の前日、8月7日に札幌市で開催される。

 5月にはプレ大会として、実際のマラソンコースを使用した札幌マラソンフェスティバル2021が行なわれた。調整途中ながらも東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、前田穂南(天満屋)も本番に向けて順調な走りを見せた。

5月のテストイベントでしっかりと自分の走りをした一山麻緒5月のテストイベントでしっかりと自分の走りをした一山麻緒  そんな3人の東京五輪での走りは気になるところだが、女子マラソン界には五輪後の楽しみも見えてきている。

 現在も日本記録(2時間19分12秒/05年)を保持しているのは野口みずきさんだが、16年間ぶりに2時間19分台を期待できる選手が現れているのだ。

 その筆頭が五輪代表にも選ばれている、一山麻緒だ。今年1月の大阪国際女子マラソンで、19分台に挑戦し、2時間21分11秒のセカンドベストを出した。この大会は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、いつもの市内を走るコースではなく、長居公園内の周回コースだったことや、新しい試みとして男子のペースメーカーがついていたことも記録につながったと考えられる。

 2人目は、五輪代表の補欠となった松田瑞生(ダイハツ)。2020年の大阪国際で、当時日本歴代6位の2時間21分47秒を出した。今年の3月の名古屋ウィメンズマラソンでは、後半が強い向かい風になる悪条件の中でも自己記録に迫る2時間21分51秒で圧勝し、19分台の可能性感じさせた。

「もう16年くらい前の記録なので、これまでは取材で聞かれると『そろそろ更新してほしいです』と言っていましたが、その可能性があった(今年の)大阪は本当にドキドキしながら解説をしていました。テレビ画面の端にはいつも私の日本記録と比較する文字が出ているので、あれが消えちゃうのかと思うとちょっと寂しくもなりましたね」

 そう笑う野口さんに、日本記録更新の可能性について聞いてみた。

「一山選手と松田選手は、可能性が十分あると思います。なぜかと言えば、2人とも安定して高いレベルのタイムを出しているからです。一度20~21分台を出しても、次も出せるか、日本記録も出せるかと言えばそうではない。2回、3回と走るたびに記録を出している2人はやはり強いし、1万mやハーフマラソンでも結果を出しているのは強みです。特に一山選手は、コロナ禍でスピード強化を図って5000mと1万mの記録も伸ばしているので、バランス的にもすごくよく、近いところにいると思います」