2020.09.30

美女ランナー卜部蘭が中学時代に
培った反骨心「公園をグルグルした」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

中距離界のホープ
卜部蘭インタビュー
競技編

◆小6時代の秘蔵ショットもあり!プライベート編はこちら>>

「日本選手権の1500mで必ず結果を残す」

 卜部蘭(うらべ・らん/積水化学)は、この目標を持って昨年の日本陸上競技選手権大会に臨んでいた。

 前年(2018年)の日本選手権でも優勝を狙っていたが、ゴールがトップの選手とほぼ同時に見えるほど僅差で敗れ、2位で終わった。この負けは卜部に「少しでも相手より前に出る」という意識をより強くさせた。

昨年の日本選手権で800m、1500mともに優勝した卜部蘭選手 photo by MATSUO.K/AFLO SPORT そして、2019年。結果は1500mで初優勝。さらに、800mでも自己記録を更新して優勝して2冠に輝いた。雪辱を果たすとともに、中距離選手として日本選手権1500mに出場して、2位を2度経験している母・由紀子さんが果たせなかった目標を成し遂げたのだった。

 卜部が陸上中距離へ進んだのは、ごく自然なことだった。母・由紀子さんは前述のとおりで、父・昌次さんも大学時代、箱根駅伝に出場していた中長距離の選手だった。その父が、高校の陸上部顧問をしていた関係で、小さいころから父が指導する選手たちの応援に行っていた卜部は、「中距離選手が一番かっこよく見えた」という。そして、陸上部のある新宿区立西戸山中学校に入ると本格的に中距離を走り始めた。

「新宿区の中学校は、ほとんど陸上部がなかったので、学区を越えて西戸山中へ行きました。そこが私の陸上人生のターニングポイントだったと思います。当時の先生はご自身も駅伝や長距離をやっていた方で、1カ月単位、1年単位で試合のスケジュールを出してくれました。そのおかげで、計画的に先を見ながらトレーニングを積んでいくことを学びました。それに、強い先輩もいたことで、男女とも東京都で勝って全国中学駅伝にも出られました」

 高校は、駅伝よりもトラック&フィールドに力を入れている白梅学園高校に進学。「そこには、05年日本選手権800mで優勝した下平芳弘先生がいたんです。父から『ヨーロッパでは中距離が一番盛り上がる種目だ』と刷り込まれていたし、中・高といい先生が身近にいてくれたので、中距離への気持ちが強くなったと思います」と振り返る。