2020.03.04

神野大地「これが限界なのか…」。
東京五輪出場ならず、次なる挑戦は?

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kishimoto Tsutomu

神野プロジェクト  Road to 2020(43)

前回の記事はこちら>>

 ゴールした瞬間、神野大地は下を向き、表情は色を失った。悔しさというよりもショックと言ったほうがいいだろう。

 2時間12分11秒の39位。目標だった2時間8分台のタイムは達成できなかった。1カ月間、ケニアで合宿をこなし、順調に練習を消化できたこともあり、大会前のコンディションは非常によかった。

目標としていたタイムに届かず、失意の表情を浮かべる神野大地 レースコンディションもさほど暑さは感じず、風はあったがタイムを出せる環境は整っていた。実際、大迫傑は2時間5分29秒で日本記録を更新した。神野は、なぜ東京マラソンで目標タイムをクリアできなかったのだろうか。

「ペースメーカーにもみんなの勢いにも乗らない。冷静に1キロ3分のレースをして、確実に2時間8分台を目指します」

 レース前に神野がそう言っていたとおり、スタートから自分のペースを貫いた。

 井上大仁や大迫をはじめ、先頭集団が2分55秒前後のペースで走り、5キロのラップを14分32秒で進むなか、神野は14分58秒とほぼ3分ペースを維持するなど、タイム的にはイメージどおりだった。

 その後もペースを上下させず、20キロまではほぼ3分ペースで進んだ。それから10キロは少しタイムを落としたが、勝負どころとなる30キロ以降にどれだけ粘って2時間8分台をキープできるかがポイントになっていた。

 だが、その30キロ過ぎからペースが大きく乱れた。

「なにかガクンと落ちた感じになったんです」

 神野は悔しそうに振り返った。