2020.02.29

神野大地は厚底シューズ問題に持論。
東京マラソンで「あわよくば…」は狙わない

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kishimoto Tsutomu

神野プロジェクト  Road to 2020(42)

前回の記事はこちら>>

 3月1日、東京マラソンがスタートする。コロナウィルス感染の拡大を考慮し、「エリート選手」だけの出場になったが、東京五輪の男子マラソン代表の出場権を賭けた重要なレースであることに変わりはない。

 神野大地は、昨年12月末にアジアマラソン選手権で優勝したあと、1月7日から1カ月間、ケニアのイテンで合宿を行なった。

「東京マラソンで結果を出すには、ケニアでケガなく計画どおりに練習することが絶対条件だと思っていました。今回で4回目ですが、ケニアに行くと『新しいことやっていますか』とか、『どこが強くなりましたか』って聞かれるんですけど、この1カ月の合宿で急に強くなるとかはないんですよ。もちろん、ケニア人と走ることで日本ではできないタフな練習ができるし、標高2300mという環境もケニアならでは。でも、マラソンは積み重ねですし、一つひとつベースをつくり上げていくことが強くなるための道だと思っています」

昨年9月のMGCでは17位に終わった神野大地 神野の練習メニューは、基本的にコーチ兼マネージャーの高木聖也が組む。では、ケニアではどんな練習をしていたのだろうか。

「ロングは30キロ1本、40キロ2本です。40キロの1本目は平坦なコースで(1キロ)3分36秒ベース。2本目は大迫(傑)さんと一緒に走りました。アップ&ダウンの多いタフなコースでしたが、1本目と同じくらいのペースでした。その週は2キロ×8本のポイント練習も入れて、結構ハードでした。でも、ケニアでの40キロ走に対して、すごくきついというのがなくなってきたのは大きいです。過去3回の(ケニア合宿の)経験が生きているのかなと思います」