2019.09.17

神野大地、MGCで惨敗も納得。
ファイナル挑戦は「狙いたいけど…」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kishimoto Tsutomu

神野プロジェクト Road to 2020(36)

前回の記事はこちら>>

 神宮外苑前のイチョウ並木に設けられたMGCのゴールライン。神野大地は、フィニッシュすると静かに歩みを止め、大きく呼吸をして息を整えた。

 2時間1740秒の17位。残念ながら大きな目標として掲げていたMGCで東京五輪・男子マラソンの出場権を獲得することはできなかった。だが、その表情はどこか清々しかった。

MGCに出場した神野大地だったが、20キロ地点で遅れて17位に終わった MGC30名の選手で争われ、852分にスタートした。その直後、設楽悠Honda)が飛び出した。だが神野は、その独走を「気温が上がってきたので、このまま逃げ切れないだろう」と冷静に判断し、大きな集団となった第2グループのなかで力をためつつ、様子を見ていた。

 モニター画面を見ていた高木聖也コーチは、「落ち着いてレースをしている」といいスタートを切ったことに安堵していた。

「レースに出る際、『落ち着いていこう』と神野に言いました。あと、『こんなレースはなかなか経験できることがないので、誰よりも楽しんできてね』って伝えました。レース前は非常に落ち着いていましたね。やることをやって、自分のなかで自信を持っていたからだと思います。過度にナーバスになることもなく、いろんなことを気にすることもなかったので、メンタルの持っていき方は成長したなと感じました」

 レースは依然、設楽が独走していた。10キロ地点で、後続集団と144秒の差がついていた。

 ペースが上がらない第2集団の大きなグループは、誰も動かない。というよりは、動けない状態にいた。設楽との距離を意識しつつ、周囲にも気を配らなければならず、しかも気温はどんどん上がっていく。選手たちは後半勝負に向けて極力体力を消耗しないように、互いにけん制しながら走っていた。

 そんななか、12.5キロ地点で神野と山本憲二(マツダ)が第2集団の前に出た。膠着した状態を崩しにかかったのだ。

「この集団のなかでいいリズムで走ろうと思っていたのですが、この時は上にいけるんじゃないかという気持ちで前に出ました。あれで人数が絞られたので、自分としてはいい仕掛けだったんじゃないかなって思います」

 神野の言葉どおり、大集団が分裂し、若干ペースが上がった。