2019.04.11

マラソンで東京五輪をめざす鈴木亜由子。
トラックとの相乗効果を実感

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

 国内のMGC(マラソングランドチャンピオンシップス)シリーズは終了し、残るはワイルドカードを獲得できる4月30日までの国内外のレースのみ。現時点で、女子は14名の進出が決まっている。そのなかで、上位争いが期待されているのが鈴木亜由子(日本郵政グループ)だ。

昨年の北海道マラソンでMGCの出場権を獲得した鈴木亜由子 鈴木はこれまで、トラックの5000mと1万mで世界に挑戦し、世界選手権やオリンピックを経験してきた。昨年8月には北海道マラソンで初マラソンに挑戦し、2時間28分32秒で優勝。MGC出場権を獲得した。また、今年2月の丸亀ハーフでは初ハーフマラソンながら、日本歴代3位の1時間07分55秒で走り、持ち味であるスピードを見せつけた。

 鈴木がマラソン挑戦を意識し始めたのは、2017年の世界選手権で1万mと5000mに出場したあとだった。入賞を狙った1万mで10位、5000mでは予選敗退だった。「あのあたりから、もっと違う自分の可能性を広げたい。そうなるとマラソンかな、と感じていた」と言う。

「最初は18年の冬にマラソンをやろうとしていて、チームメイトの関根花観ちゃんが(3月の)名古屋ウィメンズマラソンを走ったので、そこもあるかなと思っていたんです。でも、その冬は足の調子があまりよくなくて、見送りました。そうなると『暑い北海道かな?』という思いが湧いてきて、どうしてもそこで1本走ってみたくなりました。日本選手権前から考えてはいたのですが、(監督から)GOが出たのは、6月末の日本選手権の1万mが終わってからでした」