2017.12.03

【東海大・駅伝戦記】箱根に通じる
最終レースで部員同士が火花を散らす

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

東海大・駅伝戦記  第16回

前回の記事はこちら>>

 上尾シティハーフマラソン、外国人留学生のサイモン・カリウキ(日本薬科大)が1時間1分25秒でトップフィニッシュを果たした。

 上尾ハーフは好記録が期待できるレースコースである。

 昨年の大会は、東海大の鬼塚翔太が1年生ながら1時間2分3秒という歴代ジュニア2位の記録で3位となり、松尾淳之介も1時間2分17秒で8位。大学生男子の部で1時間3分を切った選手が13名も出た。5km付近と12km付近にアップ&ダウンがあるものの比較的走りやすく、タイムが狙える大会なのだ。また、上尾ハーフは箱根を狙う選手にとってはメンバー選考の最終試験に等しく、大きな意味を持つレースである。

 その1週間前、箱根を目指す学生にとっては上尾ハーフと似た位置づけとなる世田谷246ハーフマラソンが行なわれていた。後半の登りがきついコースだが、そのレースには全日本大学駅伝を走った川端千都(かずと/4年)、國行麗生(れお/4年)、三上嵩斗(しゅうと/3年)、湊谷春紀(3年)に加え、キャプテンの春日千速(ちはや/4年)、名取燎太(1年)が参戦していた。川端、國行、三上は流して走ったが、湊谷は1時間3分4秒で全体の4位、日本人では2位になり、箱根メンバー入りをほぼ確実にした。故障から復帰した春日はもうひとつだったが、9月から調子を落としていた名取が1時間4分59秒で日本人7位となり、調子を上げてきたのは大きな光明だった。

上尾シティハーフマラソンで東海大勢はベスト10に3人が入った
 この日の上尾ハーフは北風が非常に強く、選手は向かい風や横風に悩まされるレースになった。そのせいか留学生をはじめ、全体的にタイムが伸びなかった。