2017.10.05

【月報・青学陸上部】出雲駅伝エントリー発表。
レースを走るのは誰か? 

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

極私的! 月報・青学陸上部 第38回

前回の記事はこちら>>

 日本学生陸上競技対校選手権大会――。

 陽が落ち始めると日中の暑さが嘘のように過ごしやすくなった。サブトラックでは5000mに出場予定の選手が調整しており、19時20分からのレースに備えている。

 9月9日、福井陸上競技場では気温以上に熱く、感動的な出来事があった。

 桐生祥秀(東洋大・4年)が100mで日本人初の9秒台となる9秒98を出し、日本新記録を達成。トラックもフィールドも一瞬時間が止まり、喜びを爆発させる桐生に向けて、超満員となったスタンドからの大きな拍手と歓声はなかなか鳴りやまなかった。

 その余韻がまだ残る陸上競技場で、吉永竜聖(4年)、神林勇太(1年)、吉田圭太(1年)の3選手が5000mのスタートラインに立った。

*    *    *

 青学大は8月4日から長野・菅平で1次合宿をスタート。続いて新潟・妙高高原で合宿を終えた後、長野・御嶽で選抜メンバーだけの合宿を行ない、27日に終えた。御嶽合宿は今年で4年目である。

 クロスカントリーでの距離走、ポイント練習など毎年ほぼ同じメニューの練習をしており、練習のデータを取っている。なので、この練習でこのくらいのタイムで走れば、秋はこのくらい走れるだろうという予測がつく。そのデータから見た今年の選抜合宿の出来はどうだったのだろう。

「タイム的にも走り込み自体も例年以上で、いい夏合宿ができたと思います」

 キャプテンの吉永は、そう言った。ポイント練習など強度の高い練習を消化。さらにしっかりと走り込み、チームとしていい練習が積めた。主力で思うような練習ができなかったのは、田村和希(4年)だけだ。それでもポイント練習には参加し始めており、出雲駅伝はギリギリ間に合うようだ。トラックシーズン、故障で出遅れた梶谷瑠哉(かじたに りゅうや/3年)も夏ですっかり調子を取り戻した。

「今年は弱いとか言われていますが、夏合宿に入って陸上に集中できる環境が整って、ミーティングを重ねました。そこで駅伝に対する思いをみんなで共有できましたし、足並みをそろえて練習ができました。前期のトラックシーズンに入った頃の不安というのは解消できていますし、チームの雰囲気もだいぶ変わりました。ひとりひとり責任感が出てきて、レースに向かう厳しい姿勢が見えてきたと思います」