2018.08.15

31歳差の団結力。
ウィルチェアーラグビー日本代表が世界王者に!

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • 越智貴雄●写真 photo by Ochi Takao

 5日から10日までオーストラリア・シドニーで開かれた世界選手権で、ウィルチェアーラグビー日本代表は、リオパラリンピック金メダルのオーストラリアを撃破し、初の世界チャンピオンに輝いた。

最年少16歳の橋本勝也(左から2番目)と最年長の岸光太郎(右から4番目) 4年に一度行なわれる世界選手権には12カ国が出場した。2グループに分かれて争う予選リーグは、それぞれ上位2カ国が決勝トーナメント出場の権利を得られる。

 2年後の東京パラリンピックで金メダルを目指すA組の日本は、リオパラリンピック金メダルのオーストラリアに52-65で敗れたものの、世界ランキング6位のスウェーデンに苦戦しながらも勝利するなど、4勝1敗の2位で決勝トーナメントに進出した。

 続く世界ランキング2位のアメリカ戦では、序盤から緻密なラインディフェンスで相手エースを封じることに成功。51-46で歴史的勝利を収め、これまで最高だった2010年バンクーバー大会の銅メダルを超えて、銀メダル以上が確定した。

 勢いに乗った日本は、世界ランキング1位のオーストラリアと決勝で再度対戦。障害の軽いハイポインター()を中心とした、日本らしいスピーディーな展開を貫いて接戦を制し、62-61で初めて世界の頂点に上った。
※ウィルチェアーラグビーは四肢まひや四肢欠損の人のためにカナダで開発されたスポーツで、選手には障害のレベルにより持ち点が与えられる。障害が軽いほど点数が高く、コート上の4人の合計は8点を越えてはならない。

 日本チームの中心は、世界屈指のスピードを誇る40歳の池崎大輔、キャプテンを務める38歳の池透暢。そして、彼らが得点するときに進路をつくる重要な役割を果たしているのがチーム最年長47歳の岸光太郎(AXE/埼玉)だ。