2018.08.30

車いすバスケ、いつもと違う世界9位。
最終戦で新しい強さを見せる

  • 斎藤寿子●取材・文 text by Saito Hisako
  • 越智貴雄●写真 photo by Ochi Takao

 8月16~26日の11日間にわたって、ドイツ・ハンブルクで開催された車いすバスケットボールの世界選手権。男子日本代表は、予選グループCを1位で通過したものの、クロスオーバー形式()で行なわれた決勝トーナメントでは、1回戦で予選グループDの4位だったスペインに2点差で敗れ、9位という結果に終わった。2020年東京パラリンピックに向けた”最後のリハーサル”は、果たして日本代表に何をもたらしたのか。
※それぞれのグループ1位がグループ4位と、グループ2位がグループ3位と対戦

9位という結果以上に、若手の活躍が収穫となった世界選手権だった。写真は鳥海連志 2012年ロンドンパラリンピック、14年世界選手権、16年リオデジャネイロパラリンピックに続いて、今大会もまた、日本は「9位」という呪縛を解き放つことはできなかった。しかし、その内容はこれまでの3大会とはまるで異なるだけに、チームは今、歯がゆい思いだったに違いない。

 今大会、日本はグループリーグの初戦でイタリアに逆転勝ちを収めると、第2戦ではヨーロッパ王者の強豪トルコを破ってみせた。この勝利に対して、国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)は「番狂わせ」と表現し、「今大会で最もエキサイティングな試合になったに違いない」と、アジアの日本がヨーロッパ王者を倒した事実を、驚きのニュースとして伝えた。第3戦のブラジル戦に敗れ、全勝こそ逃したものの、日本は堂々の1位でグループリーグを通過。「ベスト4以上」への扉に、大きく近づいたかに思われた。

 しかし、決勝トーナメント1回戦での相手となったのは、不運にもリオの銀メダルチームでありながら、グループリーグでまさかの全敗を喫した強豪スペインだった。そのスペインに、日本は3Q(クォーター)終了時点で15点差と離されたものの、4Qで怒涛の追い上げをはかり、一時は同点に追いついた。しかし、最後はわずか2点差に泣き、決勝トーナメント敗退。「ベスト4以上」という目標ははかなく散った。