2018.03.18

チェアスキー森井大輝、
滑降から回転まで「オールラウンダー」の誇り

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Photo Service One/Uehara Yoshiharu

 今大会は5種目すべてにエントリーした森井は、2季連続でワールドカップの個人総合優勝を果たしたことからもわかるように、どの種目もまんべんなく強い。それが彼の魅力でもあるが、世界の頂点を狙うならば、種目を絞り専門性を追求するという手段もある。しかし、それでも森井はオールラウンダーにこだわる。

「バンクーバー大会まで監督だった故・松井貞彦さんから、チェアスキーヤーならばオールラウンダーで戦えることを教わりました。苦手種目を作ってしまうと得意種目まで足を引っ張ってしまうことがある、だから種目を絞らず、苦手種目を作らないようにと言われて育ってきた。一時期、回転が不得意だったけれど、トレーニングでワールドカップの種目別で優勝できるまでになり、みなさんにもオールラウンダーと呼んでもらえるスケールになった。だからこれからも、松井さんの言葉を守って競技できればと思っています」

 不屈のチェアスキーヤー・森井大輝は、次の4年に向けてここからスタートを切る。

◆パラスノーボード成田緑夢。リスクを恐れず、攻め続けて金メダル

◆平昌パラで毅然と裁く、パラアイスホッケーの日本人レフェリー

関連記事