2018.03.17

パラスノーボード成田緑夢。
リスクを恐れず、攻め続けて金メダル

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • photo by Photo Service One/Uehara Yoshiharu

 平昌パラリンピックのパラスノーボードは16日、旗門を設置したコースを3回滑走し、最速タイムを競うバンクドスラロームが行なわれ、男子LL2(下肢障がい)の成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダルを獲得。平昌大会からの新競技で初代王者に輝いた。成田は12日のスノーボードクロスでも銅メダルを獲得している。

3本とも攻めの滑りで金メダルを獲得した成田緑夢 前日の夜から急激に気温が下がり、バーンは硬く締まっていた。そのなかで、成田が圧巻の滑りを見せた。

 1本目はリズムよくスタートを決めると、低い姿勢でスピードに乗りトップタイムをマーク。「バーンがめちゃめちゃ硬く、足が抜けたら終わり」と感じた成田はセッティングを変更し、2本目は小回りを意識して攻めた。3本目は前半のバンクで上から下へと切るように滑るラインを選択。それぞれでタイムを更新し、最後のランではたったひとり、圧巻の48秒台を叩き出した。

 スノーボードクロス覇者のマティ・スール・ハマリ(フィンランド)や前回ソチ大会優勝()のエヴァン・ストロング(アメリカ)ら、強力なライバルたちも滑るたびに記録を更新し、猛追した。1番滑走で2本目までトップの成田にプレッシャーがかかる状況だ。
※アルペンスキーの1種目として実施

 通常、3本滑るバンクドスラロームは、後になるほど雪質も荒れタイムが出にくくなるが、「今回は非常に板が走り、レア」(成田)なコース。3本目で巻き返される可能性があり、自身も「3本目を失敗したら、表彰台に乗れなくなると考えていた」。成田はそのなかでも冷静に状況を分析し、今大会のテーマである「挑戦」を貫き、体現してみせた。

「セッティングやラインを変えるのは、当然リスクがある。でも、優勝することにフォーカスしていたわけではなく、順位が何番であれ、また失うものがあったとしても、挑戦することが目標だったので、ワクワクしていた」と成田。